京都女子中学高等学校
校長 林 信康(はやし のぶやす)

京都女子中学高等学校 校長 林 信康(はやし のぶやす)

京都女子中学高等学校は、京都・東山の恵まれた教育環境のなかで、
思いっきり自分自身の個性が発揮できる心の学園です。
現代社会に貢献できる、心豊かな輝く女性の育成を願う建学の精神は、
今も脈々と受け継がれています。
京女は生徒ひとり一人の個性、適性を最大限に伸ばし、
未来をリードする、創造的な人間を育てる学校です。

Profile
経歴
昭和26年7月9日生まれ
昭和56年3月 龍谷大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学
高校、専門学校、大学の講師を経て
平成元年4月 京都女子中学校高等学校 教諭
平成14年4月 京都女子中学校 教頭
平成24年4月 京都女子中学校高等学校 校長(現在まで)
Web Site
http://www.kgs.ed.jp/

京都私学振興会常務理事・藤林昭一のエッセイ集「四季をりをり」から

ハイリスク、ハイリターン

皆さんは「ハイリスク・ハイリターン」という言葉をご存じだと思います。

私は公益財団法人の資金運用を担当していますが、公益財団法人は、資金の運用益をもって公益事業をおこなっている法人ですから、事業活動に必要な財源は資金運用で稼がないといけません。

しかし、資金運用で高い運用益を稼ごうとすると投資した元本が毀損する危険、すなわち元も子もなくなるリスクが隣り合わせです。従ってハイリスク・ハイリターンは、資金運用担当者が最も留意すべき言葉ですが、この言葉は広く世間一般にも通用する言葉です。

「きれいな花にはトゲがある」と言う諺(ことわざ)があります。この諺は鼻の下を伸ばして、うかうかと美しい女性に手を出すと、こわいお兄さんが出てきて恐ろしい目に遭うよと、世の男性に警告しているのです。

老人や主婦がうまい投資話に引っかかって、なけなしの大金を詐欺師に全部持って行かれたという話もよく新聞沙汰になります。

預金金利が最低のこの頃では、うまい投資話につい乗りたくなるのもわからないではないのですが、これがとんでもない「ハイリスク・ハイリターン」なのです。

ハイリスク・ハイリターンとは、「うまい話にうっかり乗ると大ヤケドをするよ」「世の中にはそんなうまい話はないよ」と、皆さんに慎重な判断を求めているのです。一方、ハイリスク・ハイリターンの反対語に「ローリスク・ローリターン」という言葉があります。

この言葉は、リスクを恐れている人には低いリターンしか得られないから、「少しぐらいは危険をおかさないと成功は得られないよ」と皆さんに冒険をすすめています。

ところで、あなたは慎重派ですか、それとも冒険派ですか?

人は何かを決断するとき、時には思い切って冒険する勇気も必要で、慎重でありすぎてもいけません。要するに、難しいことですが、冒険心と慎重心を併せ持つことが大切なのです。

私たち資金運用担当者も、常に資金運用に関する知識経験を高めるとともに、リスクを避ける慎重な判断力を身につけねばと思っています。

公益財団法人京都私学振興会 常務理事 藤 林 昭 一

公益財団法人京都私学振興会
常務理事 藤 林 昭 一

経歴
昭和10年1月4日生まれ
昭和32年3月 同志社大学商学部卒業
平成12年3月 学校法人京都学園退職(退職時:法人事務局長)
平成13年4月 京都私学振興会事務局長として入職
平成16年6月 京都私学振興会常務理事(現在に至る)

プロフィールを見る

Close

公益財団法人京都私学振興会
常務理事 藤 林 昭 一
プロフィール

ニックネーム ふじやん
性別 男性
血液型 B型
出生年 1935年
出身地 京都市上京区
お住まいの地域 京都市中京区
家族 同居家族…:妻・孫娘(同志社大学在学)
行動地 京都 東京 福岡
出身校 同志社大学商学部
資格 税理士、社会保険労務士
趣味 コラム・カラオケ・読書・俳句・狂言・旅行・歌舞伎鑑賞
長所 温厚、どうにかなるさ
短所 ずぼら
ちょっと自慢できること 仕事が好き・家族が好き・なんでも好き
最近ハマっているものは? 一人カラオケ
まず家に帰ってすることはなに? 風呂掃除
平均睡眠時間は? 7時間
口癖は? ごめんなさい
コラムの更新頻度は? 週に1作
コラムに何書いてる? 日常のできごと、ふと思うこと、季節の話題などなんでも
座右の銘は? 有言実行
集めているものは? なし
○○なタイプ。何タイプ? 楽天的ノーテンキタイプ
好きな本 随筆…曽野綾子・櫻井よし子・佐藤愛子 古典…徒然草・奥の細道
好きなテレビ番組は? サスペンスドラマ・バラエテイ・クイズ番組・報道番組
宝くじがあたったら? 2人の娘と孫に
前世はなんだと思う? 豊臣秀吉
自分を動物に例えると?
生まれ変わったら? 日本人・別れてもまた次の世であいましょう