京都文教中学高等学校
校長 初田泰宏(はつだ やすひろ)

京都文教中学高等学校 校長 初田泰宏(はつだ やすひろ)

より豊かな人生を歩むために教養を高め、
自分自身の存在が世のため人のためになるという考え方を学び、
大きな使命感、高い志を持ち、自分の夢の実現に向かって
意欲的に学校生活を送ってほしいと願っています。

Profile
経歴
昭和29年2月13日生まれ
昭和52年3月 同志社大学工学部 卒業
昭和54年3月 同志社大学大学院工学研究科修士課程修了
昭和54年4月 家政学園中学高等学校 勤務
平成22年4月 京都文教中学高等学校 校長(現在まで)
Web Site
http://www.kbu.ac.jp/kbghs/

京都私学振興会常務理事・藤林昭一のエッセイ集「四季をりをり」から

そんなに急がないで

近年、科学技術の進歩は、必要限度を超えているのではないでしょうか。

臓器移植技術の進歩は、そのおかげで命拾いをする人がいるのは喜ばしいことですが、その一方で手術を急ぐあまり、死の判定を急いでいるのではありませんか。

また、臓器の移植は、心臓や肝臓・腎臓・骨髄などの移植にとどまることができず、やがては脳の移植までやりかねません。

一体、人のパーツ交換はどこまで許されるのでしょうか。誰が、限度を超えた臓器移植をやめさせるのでしょうか。

クローン技術の進歩で、既にクローン羊やクローン牛、クローン蛙などを作る実験が成功しているらしいのですが、やがてはクローン人間まで作りかねませんが、これも誰がそれをやめさせるのでしょうか。

兵器産業の進歩は、人類を破滅させるだけの原爆を作り出しましたが、誰がテロ国家や独裁国家の指導者に、ミサイル発射ボタンを押すのをやめさせることができるのでしょうか。

そもそも、自然科学の限度を超えた発展を制御するのは、政治や倫理・道徳・宗教・哲学などの人文科学や社会科学の分野です。

しかし、現代の人文・社会の世界に、チャーチルやルーズベルトを超える政治家も、最澄や空海、親鸞や法然を超える宗教家も、孔子や孟子を超える道徳家も、カントやニーチェを超える哲学者も、アダムスミスやケインズを超える経済学者も、現れていないのではないでしょうか。

最近週刊誌を見ると、偏差値の高い進学校の東大・京大、その他の医学部系大学の合格者数が競うように掲載されています。わが国の偏差値の高い生徒は、なぜ医学部に行きたがるのでしょうか?

私たちの大学生の頃はどの学部の学生も、1・2回生の間に人文・社会・自然の各科目をバランスよく履修することが求められていましたが、近頃の大学ではどうなっているのでしょうか。

火星人を絵にすると、よくクラゲの形に描きます。火星人は頭でっかちになって、それを支える足腰がひ弱になって滅んだのです。

地球人も「頭」の方が進歩する一方なのに、それを制御する「心」の方が追い付かずに、やがて滅びるのではないでしょうか。

私たちは、そんなに先を急がないで、この辺りで立ち止まって振り返えろうではありませんか。

公益財団法人京都私学振興会 常務理事 藤 林 昭 一

公益財団法人京都私学振興会
常務理事 藤 林 昭 一

経歴
昭和10年1月4日生まれ
昭和32年3月 同志社大学商学部卒業
平成12年3月 学校法人京都学園退職(退職時:法人事務局長)
平成13年4月 京都私学振興会事務局長として入職
平成16年6月 京都私学振興会常務理事(現在に至る)

プロフィールを見る

Close

公益財団法人京都私学振興会
常務理事 藤 林 昭 一
プロフィール

ニックネーム ふじやん
性別 男性
血液型 B型
出生年 1935年
出身地 京都市上京区
お住まいの地域 京都市中京区
家族 同居家族…:妻・孫娘(同志社大学在学)
行動地 京都 東京 福岡
出身校 同志社大学商学部
資格 税理士、社会保険労務士
趣味 コラム・カラオケ・読書・俳句・狂言・旅行・歌舞伎鑑賞
長所 温厚、どうにかなるさ
短所 ずぼら
ちょっと自慢できること 仕事が好き・家族が好き・なんでも好き
最近ハマっているものは? 一人カラオケ
まず家に帰ってすることはなに? 風呂掃除
平均睡眠時間は? 7時間
口癖は? ごめんなさい
コラムの更新頻度は? 週に1作
コラムに何書いてる? 日常のできごと、ふと思うこと、季節の話題などなんでも
座右の銘は? 有言実行
集めているものは? なし
○○なタイプ。何タイプ? 楽天的ノーテンキタイプ
好きな本 随筆…曽野綾子・櫻井よし子・佐藤愛子 古典…徒然草・奥の細道
好きなテレビ番組は? サスペンスドラマ・バラエテイ・クイズ番組・報道番組
宝くじがあたったら? 2人の娘と孫に
前世はなんだと思う? 豊臣秀吉
自分を動物に例えると?
生まれ変わったら? 日本人・別れてもまた次の世であいましょう